立地企業インタビュー

質の高い人材とインフラ整備が先進のテクノロジーを支える

弘前航空電子株式会社 社長 藤本 正己さん

ものづくりへの情熱と絶え間ないイノベーション

 私どもの親会社である日本航空電子工業は、航空機に搭載する機器のオーバーホールに始まり、現在では加速度計や慣性航法装置・慣性誘導装置などを製造・販売する、航機事業がスタートでした。その後、ネットワーク社会の進展にともないコネクタ事業を展開し、現在では売り上げの7割ほどをコネクタが占める基幹製品となりました。弘前航空電子は親会社の100%出資会社で、国内外を通じて第一号のコネクタ生産会社として設立されました。
 日進月歩のエレクトロニクスの分野において、コネクタは電気・電子回路や光回路をつなぐもので、機器内、ユニット間、システム相互間の接続を担う部品として、なくてはならない重要な存在です。パソコンやスマートフォンをはじめ、液晶デジタルテレビ、カーエレクトロニクスなど、最先端の領域においても、当社の高性能・高品質コネクタは高い評価をいただいています。

整った立地基盤、揺るがない人材の優位性

 日本が高度成長した70年代半ば。事業拡大にともない、東京以外に生産拠点を設けようと全国の工業団地を回り、南九州と東北地方に候補地が絞られました。
 このころ、青森県東京事務所の担当課長が、熱心に弘前への立地を勧めに来られたと聞いています。各地の現地調査の結果、工業団地の地勢や労働力の確保、インフラ整備などで、長短合わせ持つ候補地が多い中、弘前市の優位性が際立ちました。
 まず、地元就労を希望する良質な労働力があること。まだ企業進出が目立たなかった青森県は、人材として非常に魅力的でした。特に地元の高校生が、大変真面目で勤勉なところは、昔も今も変わっていません。また、当時から東北自動車道の全線開通が予定されており、青森空港の新設や東北新幹線の計画などの情報も県から寄せられ、物流の面でも不安はありませんでした。昔から地震や雷、台風が少なく、安定した操業が可能であることも強みですね。


独自に開発した自動組立機で、自動車用の高品質コネクタ製品などが組み立てられていく。


スポーツ施設の開放や弘前ねぷたへの参加など、地域貢献や交流にも積極的に取り組む。

 

いつでも身近に魅力あふれる自然環境

 私は東京の昭島事業所から赴任してきて7年目になります。昭島時代から出張でたびたび弘前に来ていましたが、関西出身の私も城下町育ちなので、落ち着いた雰囲気に心引かれますね。休日にはドライブがてら鰺ケ沢港まで出掛け、釣り三昧ですよ(笑)。八甲田山周辺には素晴らしい温泉がたくさんあり、ひと足延ばせば十和田湖や奥入瀬渓流など、名だたる観光地もあります。青森県は楽しみの多いところですね。
 新幹線が青森まで延伸し、弘前と東京がさらに近くなりました。31年前の操業時から、インフラ整備は見違えるほどに進みましたが、粘り強く温かい人材が、青森の変わらない魅力です。

写真提供:弘前航空電子株式会社


弘前航空電子株式会社
〒036ー8666
青森県弘前市大字清野袋5-5-1
【会社創立】1979年3月
【従業員数】593名
【事業内容】高密度コネクタの製造・販売、精密品・特殊品の加工など
【グループ会社】
日本航空電子工業株式会社
東京都渋谷区道玄坂1-21-2


空気制御により塵や埃のないクリーンルームで生産される、高性能・高品質コネクタ。


カーエレクトロニクス分野のボディ・インパネ系に欠かせない、メーター用コネクタ。

 

工業団地情報

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区

条件で検索

分譲価格(m2
地域
立地条件
リース制度 指定なし
特別高圧 不可 指定なし

空き物件情報

物件タイプで検索

物件タイプ

マップで検索

三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区 三八地区 上十三地区 下北地区 中弘南黒地区 東青地区 西北五地区